詩が好きだ。
でも、いまいちなんで好きかはよくわからない。

嫌いなことを説明するのは簡単だ。新宿は人が多すぎて苦手だし、夜の森は幽霊が出そうできらい。ジェットコースターは、死んでしまうんじゃないかという恐怖ばかりあって絶対乗らない。

でも好きな理由を説明せよ、と言われると途端に困ってしまう。それは、恋人でも、音楽でも、本でも、詩でも、「好きだから、好きなんです」以外の言葉を失ってしまう。

もちろん苦手な人がいるように、苦手な詩もある。乾いたカツカツと生き急いでいるよう詩はあんまり好きじゃない。どちらかというと、素朴な言葉のつづく詩が好きだ。でも、それは好きな理由ではなくて、なんとなく好きな詩の共通点をあげただけだ。

詩は、乗り物だとおもっている。
それはもしかすると、詩だけじゃなくて、小説も、絵も、音楽もそういったものかもしれない、と最近おもいだしているけれど。部屋の中で字を追いながら、それは遠くへ(アメリカだったり、知らない森だったり、死んだ後だったり、去年の春だったり)行けたり、わたしの体のまま、でもわたしの体さえ遠く、老人になったり、こどもになったり、犬になったり、男になったりする。それは、誰か有名な人が書いた詩だけじゃなくて、自分で書いた詩でも、遠くへいけると気がついたのは去年のことで、とってもびっくりした。

土日、詩のワークショップについて考えていた。
私は詩というものが、いまいちわかっていないし、なぜ詩が好きなのかもよくわかっていない。そんなんで、詩を書くワークショップなんてできるんだろうか?

でも、詩を書く人が増えたらいいな、とおもう。
それは、むりやり書くのではなくて、書かざるを得ない人が、それを押しとどめられないといいな、と。

誰かの書いた詩を読みながら、浮かんでくる記憶やイメージがきっと誰しもあるんじゃないだろうか。それは詩のちいさな種で、その種をすこし大きく育てるお手伝いを、ワークショップではできたらいいなあ、とおもう。

わからないまま読んで、わからないまま書いて、でもたのしいってとても不思議でわたしにも意味がわからないけれど、その一端を皆さんと共有できたらいいなあ。

詩を書くって、特別なことでもなく、選ばれた人がやるのでもなく、誰でも好きなときに好きなように書くってことだけ伝われば、もうそれでいいのかもしれない。

◎ワークショップのご案内
「詩を書いてみようワークショップ(庭文庫おすすめの詩の朗読会もするよ)」

■日時:2月26日(日) 13:00 ~14:30(90分)
■場所:古民家シェアオフィス樫舎  岐阜県恵那市東野172
■内容:
・庭文庫おすすめの詩のご紹介&朗読会
・詩を書いてみようワークショップ
■定員:6名(先着順)
※当初10名の予定でしたが、ワークショップの特性上こじんまりした方がいいなあとおもって6名様までとさせていただきます。
■参加費:2000円
(恵那市笠置町無農薬農家のFarm rootsさんでとれた茶葉でいれた美味しいお茶とFarm roots特製ジンジャースコーン付き)
■おみやげ:庭文庫おすすめの詩20編をまとめたリトルブック付き(作成中!)
■予約方法:
庭文庫のFBメッセージかemail(niwabunko@gmail.com)までお名前とご参加人数をおしらせください。

カテゴリー : blog