2019年4月28日(日)に庭文庫は開店して1周年を迎えます。

丸一年が経った庭文庫で春うららかな日を皆さんと過ごせたら嬉しいなあと思い1周年パーティーを開催します。

屋台のご飯あり、お菓子あり、音楽あり、ビールあり、古本市あり(森と風BOOKSTORES)、そんな一日にできたら嬉しいです。

詳細はこうご期待!

■庭文庫1周年パーティー
・日程:4月28日(日)
・時間:10:00~21:00(皆でわいわいする1部と、しっとり楽しむ2部の2部制の予定。入退場自由。)
・何するの?音楽聞いたり、本読んだり、はじめましてしたり、お久しぶりですねってする日。疲れたら庭でぼーっとする日。

◎同時開催!森と風BOOKSTORES(古本市)
庭文庫ではじめて、古本市をやってみようかなと思っています。出店してくださる方募集中!詳しくは下記をご覧ください。

■FOOD
coming soon…

■MUSIC

◎ソロドラム 佐藤 暁彦

中学生でドラムを始め大学卒業以降フリーのドラマーとして、東京都内・神奈川県などで演奏活動を続ける。2012年恵那に移住以来地域に根ざした演奏活動を続け、恵那各所のイベント等で企画・出演。今回は初となるソロドラムライブで、ジャンルの枠を超えたリズムの世界の表現にチャレンジする。

◎中津川出身DJ 安江 淨

1986年12月29日 中津川市生まれ。庭師。高校卒業後上京し音響の専門学校に入学。卒業後、テレビカメラアシスタント、フリーター、ITエンジニアと、様々な職業を経験した後、実家の家業である庭屋、㈲石松苑(せきしょうえん)を継ぐことになり中津川市にUターン。現在社長である父親と共に会社を経営。二児の父。
スマホとポータブルスピーカーというノマドDJスタイルで、自分が思う「庭文庫らしい」選曲で会場を彩ります。

◎弾き語り 百瀬雄太

1988年生まれ。東京生まれ、恵那育ち。東京にて活動している際は、コンテンポラリーダンス『網膜の像』の舞台音楽監督を担当する他、三鷹「おんがくの時間」や代官山「晴れたら空に豆まいて」などのライブハウスやカフェ、古本屋イベント等にて弾き語りで出演。ギター弾き語り、作曲、舞踊音楽、即興歌曲ライブペイント企画、文筆等、歌と音と言葉を軸にカルチャーの境界を越境する多彩な活動を展開。

■森と風BOOKSTORES(古本市)
coming soon…